ファームキトラの歴史

想いTOP

オレンジバー
明治27年にファームキトラ誕生
オレンジバー

かつて兵庫県淡路島三原郡松帆村のわずかばかりの小作地にて貧乏な百姓をしていた曾祖父  記虎弥蔵が一念発起して海を渡り一家6人で北海道の土を踏んだのは明治27年3月のことでした。 当時は湿地や原始林のこの長沼の地に掘立小屋を建て、開拓開墾し、度重なる水害や冷害と戦ってきました。  入植時、3歳だった祖父 一次郎はその跡を継ぎ、無学文盲の父親の望みで学校へ通わせてくれました。 その後就農の傍ら納屋の建築や唐箕、風力製粉機、紡毛機等を作り地域に貢献する器用な人でありました。  その息子である私の父 敏雄も戦争でノモンハンで戦った時代もありましたが、復員後は母と共に農業を志 すことになりました。 農作業の傍ら木工作、鉄工作に興味を持ち、兄弟と自作のトラクターを作るほどでした(写真)。母も養鶏を始め 大量の鶏糞が有機農業の一助となりました。  そして、大学在学中の20歳の時に訳あって急に跡を継ぐことになった私ですが、曾祖父のような苦労も体験 せず、祖父や父ほど器用でもなく、傍目には甚だ頼りないものでした。

オレンジバー
着実に規模を拡大
オレンジバー
 
跡を継いだ当時は農業の事は右も左も解らず、ただ父親に言われるままに仕事をしていました。当時は水稲 小麦、豆、ビートなどしか作っておらず 暇なときには一緒に小屋を基礎から作ったりしました。その後結婚してからは玉葱など高収益作物に取り組み 始め、自ら営農計画を立てるようになりました。 後継した時は全部で9haほどだった土地も今では借地を含め45haを作付しています。また、アイガモ米や苺狩 り観光農園、野菜直売所の運営など新たな取り組みも始め、平成17年には法人化し、だんだんと経営者として の立場で営農に取り組むようになってきました。

オレンジバー
山あり谷あり
オレンジバー
 
 しかし、現在に至る道のりは決して順風満帆だったというわけではありません。40代には腰を痛め、何か月も 農作業に携われなかった時期もありました。 また、初めて作った苺は技術不足のため収穫皆無だったり、畑に行ってみたらほとんどの玉葱が害虫で駄目に なっていて廃耕せざるをえなかったり、玉葱の育苗ハウスが雪で潰されたり、愛情を込めて育て上げたアイガモ が一夜にしてキツネに何羽もやられたりと失敗は数え上げたらきりがありません。  それでも、1998年ころから始めた特別栽培や無農薬米のお米の販売はインターネットの時勢に乗って今や 経営の大黒柱となるまでに成長するに至りました。 3人の息子達も大きくなり揃って大学に通い始めた頃は資金繰りが大変でしたが、ようやくそれぞれ成人し、 後継者も一緒に働くようになってやっと余裕をもって仕事に勤しむ事が出来るようになってきました。

オレンジバー
今後について
オレンジバー
 
 WTOやTPPなど農業分野においてもグローバル化は避けて通れない時代がやってきました。おそらくご先祖が 全く予想もしなかった時代です。 農業後継者不足は間違いなく大規模化をもたらし、海外との競争力の差は縮む傾向にあります。  また、昔はほとんどいなかったアレルギーに悩む人も増え、北海道でも美味しい米の品種が開発されたりと、 消費者が自ら望む安全な美味しい農産物を直接農家から購入出来る時代になりました。 こういった流通の変化の流れは今後ますます早まるのではないでしょうか。  目まぐるしく変わる農業情勢の中、今後どう舵を切っていくか手腕の問われるところでありますが、 先にも書きましたとおり先祖代々築いてきた礎があってこそ今の自分があるわけです。 その想いを絶やす事無く、地域や顧客の皆様に末永く愛される農場に成長するにはまだまだ日々苦労を重ね ていく必要があると感じています。 目指す道のりは山あり谷あり。因みに私の座右の銘は「前人未踏の地を目指す」です。 私が後継者に全面的にバトンタッチするのもそう遠くない年齢となりましたが、北海道に入植した当時の フロンティアスピリッツの灯は絶やさないで欲しいと切に願うものです。

オレンジバー
ファームキトラの経営理念
オレンジバー

1 農業振興を通じて地域の活性化につながる事業を行います。
2 顧客第一主義とし生産者と共に幸せを追求します。 
3 安全安心で美味しい農産物をお客様にお届けします。
4 新しい農業価値を創造し、次代を担う人材を育てます。

アイガモ成長日記

アイガモ日記バナー
オレンジバー

■2020.07.16
なんと!すっかり大きくなったアイガモちゃんが脱走!意外と足が速いアイガモをスタッフや社長が救出する様子がご覧になれます!



■2020.07.09
アイガモちゃんたちはずいぶん成長して、雛だったころの「ピヨピヨ」が遠い昔のように感じます!今は「クワッカッカッカ」という鳴き声でしょうか?やはり黒カモちゃんの方が働き者で白ダックはのんびりしています。アイガモを見学に来てくださるお客様も増えありがとうございます。本日も彼らのお仕事?は続きます。

カモ07082


カモ07081


■2020.06.29
「インスタ西山」ことアイガモ動画に出現するお米担当の西山君が遂にHTBさんの「イチオシ!!」にてアイガモ米の紹介で出演いたしました!
西山さんテレビに出る20200629
※なぜ広角カメラでテレビ画面を撮影したんだろうw?
 昔のブラウン管テレビに見えますね!


■2020.06.26
前回田んぼデビューしましたアイガモちゃん達がいつのまにかさらに成長してお仕事をしています!最初茶色の雛だったアイガモちゃんは真っ黒になってたくましく、黄色のひよこみたいなダックたちは白くなりました!どっちかといえば黒アイガモちゃんの方が働き者で白ダックはのんびりしています。Youtubeや新聞記事を見ていろいろな方がアイガモちゃんを観に来て下さりありがとうございます。いちご狩りは終了しましたが、アイガモ見学ついでに新鮮野菜もご購入いただいて感謝感激です!


■2020.06.16
先週一匹の雛がどろんこになってハマっていたため、西山君が救出!それからアイガモちゃんたちが遂に田んぼデビュー!となりました。Youtubeにて動画公開致しましたのでぜひその様子をご覧ください!


アイガモ02

アイガモ01

■2020.06.05
今年は暖かいのもありアイガモの雛は全員無事に毎日を過ごしています。Youtube にカワイイ集団マラソンの様子をまとめましたのでぜひごらんください。


■2020.06.02

あれから6日ほど経過して黄色いダックがめちゃ大きくなっている・・来た時よりあきらかにデカい!

アイガモ3

飼育担当の西山くんが毎朝ドババババっと出して、夕方に回収作業に入りますが、アイガモたちは学習したのか日を追うごとに逃げ足が速くなっていきます。そして捕まったあかつきにはみんなで固まっているのがまたキャワイイ!


■2020.05.28

ファームキトラといえば無農薬・無化学肥料、安心安全のアイガモ米を栽培しています。毎年ご購入のお客様ありがとうございます。
令和2年度産アイガモ米を栽培するのには欠かせないのが、彼ら「アイガモちゃん」達です。つい先日孵化場から空輸で新千歳空港へ・・・そしてファームキトラへ。

アイガモ日記1-2

毎年アイドルグループのようにメンバーチェンジしている気がするのはさておき、今年のアイガモちゃん達も早速ハウスの中に設置された広場で育成開始!

アイガモ日記1-1

Youtubeにその模様が公開になりましたので、ぜひチャンネル登録や視聴お願いします。西山君がほぼ毎日農作業しながらInstagramも更新しています!こちらもフォローよろしくお願いします!




ファームキトラのイチゴ狩り

いちご狩り

今年のいちご狩りは6/19(火)15時受付にて終了いたします。ご購入に関しましては引き続き野菜直売所「ベジっこ」にて出荷用いちごがなくなるまで販売しておりますのでぜひお買い求めください。

本年度はコロナウイルス関連で計画通りの十分な準備を行う人員が確保できず、また、ハウス栽培に移行してからでも天候・気温に左右されて昨年の半分の収量となり、折角ご来園頂いても通年より早く定員締め切りになってご足労おかけしましたこと、大変申し訳なく感じております。
 来年度に向けて皆さまへいちごをご満足いただけるようにどうしたらよいかを考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

◆2020.06.30
出荷用の最後のいちごたちがマルシェにて販売となりました。終わりの方は結構小粒になっていますが、小粒ならではのおいしさがございます!購入いただいた皆様ありがとうございました!


◆2020.06.19
今年は天候や様々な要因で昨年より収穫量が少なかったため、折角来園くださった方で入場できなかったお客様もいらっしゃったこと大変申し訳ございません。
また、来年はよりご提供できますようにして参りますので引き続きよろしくお願いいたします。Youtube、インスタ西山によるInstagram等で作業の様子も更新していきますのでぜひフォロー、チャンネル登録お願いいたします。

いちごがり終了


◆2020.06.02
ハウスの中の様子です。
本日からいちご狩りオープンいたしました。
こちらは今朝の出荷用収穫作業の様子です。
Youtubeに動画アップいたしましたのでぜひご覧ください!

いちご狩り6-2A

いちご狩り6-2B

◆2020.05.29

ハウスの中の様子です。
まだまだ青い実が多い状態ですが、赤い実が増えてきました。いちご狩りオープンの6月2日の段階ではちょっと少ないかもしれませんが、それ以降に増えていくような予感がしますね!

いちごコンテンツ202005292

いちごコンテンツ202005291

◆2020.05.26
今年は実のなるペースが遅れておりますが、赤い実がポツポツなってきています!youtube動画でも5/19~5/26のハウスの様子がご覧になれますので是非チャンネル登録よろしくお願いします。今年のいちご狩り開始につきましては大変恐縮ですがショップHPにて都度お知らせいたします



いちご202005261


いちご202005262

◆2020.05.19

いちごハウスをドローンで空撮した模様をYoutubeで配信中です!まさかのドローン行方不明になりましたが、ちゃんと帰ってきました(拾いにいきましたw)

こちらは本日のハウス内の様子。緑色ではございますが、着々といちごの形に実ってきております。今月末には食べられそうな勢いでしょうか?
いちごハウス20200519


◆2020.05.12
ハウスの様子をYoutubeにアップいたしました!
今年もファームキトラではいちご(主に「けんたろう」)をハウス栽培しています。
ミツバチさんたちがせっせと花粉を花につけながら元気に飛び回っています!

いちご狩り20200501201

いちご狩り20200501202



youtubeバナー
インスタバナー
ツイッターバナー

夕張郡長沼町東3線北9番地
(有)ファームキトラ
お問い合わせ MAIL farm-k@oboe.ocn.ne.jp
TEL:090-3891-6707

農産物直売所べじっこ

ベジっこ文字入り

農産物直売所「ベジっこ」は6/23(火)より10時~16時となります。
様々な地元野菜をお届けしておりますので、お待ちしております。

◆営業期間
・2020年6月2日(火)~ 11月上旬まで
(月曜日定休)
◆営業時間
・10時~16

 (いちご狩り開催期間のみ 9時~17時)
◆駐車場あり

◆主な取り扱い商品
・産地直送とれたて野菜
・ファームキトラのお米各種
・ソフトクリーム、パフェ各種
・ドリンクなど


■2020.07.24
・お米担当インスタ西山君が生でも食べられるロイシーコーンってどうやって茹でるんだろう?と疑問に思い邦子に聞いて茹でている様子です。ぜひ期間限定のロイシーコーンを購入ページからポチってくださいね!



■2020.07.15
・実はお米担当でトウモロコシ(北海道では「とうきび」ともいう)の収穫は初めて!邦子にレクチャーを受けて早速収穫を行いました!7月初旬はハウス栽培モノのロイシーコーンや恵味ゴールドを直売所「ベジっこ」や道の駅「ウヌカリナガヌマ」で販売しておりますので是非食べてみてくださいね!直売所ではゆでとうもろこし(恵ゴールド)販売中!

2020.07.15のHTB「イチオシ!」にインスタ西山がまたもや出演いたしました!

ロイシーコーン


イチオシロイシー2




◆ファームキトラはもちろん地元の野菜やお米を販売
ベジっこページ内

◆季節の新鮮とれたて野菜を毎朝収穫!
ベジタブル


ショップメニュー

※上記メニューはテイクアウト商品となります。

Youtubeチャンネル
youtubeバナー
インスタバナー
ツイッターバナー

夕張郡長沼町東3線北9番地
(有)ファームキトラ
お問い合わせ MAIL farm-k@oboe.ocn.ne.jp
TEL:090-3891-6707

ページトップへ